DHAとEPAの摂取で期待できると言われる予防効果


うつ病の予防効果

主に青魚に多く配合されている成分としてDHAやEPAなどがありますが、日頃から魚をたくさん食べている人は健康な人が多いと言われているのは、これらの成分が体にもたらす効果も関係しています。

DHAやEPAがもたらす効果の一つとして注目を浴びているのがうつ病に対しての効果で、医学的に確実性があるというわけではないのですが、実際に使用した人の中にはうつ病の予防効果を得ることができたという人が多いのも実際のところです。

DHAやEPAを飲用してもすぐに改善効果が出てくるというわけではなく、継続的に飲用をすることによって自分でもわからない範囲で少しずつ体質改善を促していき、最終的にうつ病予防としての効果が期待できるというものです。

うつ病は現代病と呼ばれているように現代人に多く見られる心の症状ですが、その多くはストレスなどが起因することによって発症すると言われており、ストレスをできるだけ溜めないようにすることも大切です。

DHAやEPAの効率的な摂取の方法として考える場合にサプリを購入して飲用する方法がベストですが、これであればどれくらいの用量を摂取しているかどうかについても知ることができるので事前に含有成分を調べておくようにしましょう。

DHAやEPAサプリは他にも健康や美容に対して効果がある成分が含有されていることが多く、これらの配合成分の働きによる相互作用などによってもうつ病予防に対しての効果は異なってくるという点に留意して使用するようにしましょう。

 

眼精疲労の予防効果

デスクワークをしている人は多く、同じ姿勢でなおかつ座ったままの状態で液晶を見ていると目が疲れてしまってドライアイなどの症状が見られるようになり、さらに悪化すると眼精疲労の症状が現れてくるようになります。

眼精疲労を放っておくと視力の著しい低下などにつながってくるので注意しなければなりませんが、こうした症状というのは一度なってしまうと元の状態にはなかなか戻らないことから十分に注意する必要があります。

DHAやEPAを飲用することによっても眼精疲労に対しての効果を得ることが出来ると言われていて、これは目から入った情報を脳に伝達するための効率を上げることができることが理由で自律神経の働きを改善する働きなどもあわせて期待できます。

DHAやEPAの効率的な摂取の方法についてはサプリを飲用することがおすすめですが、サプリであれば自分のペースで飲用を進めていくことができることもあり、眼精疲労の改善を考える場合にはおすすめになります。

ただし、DHAやEPAを摂取することですぐに症状の改善効果を得ることができるわけではなく、使用を継続して少しずつ神経の修復などを促すことによって眼精疲労に対しての改善効果も少しずつ出てくるようになります。

また、DHAやEPAは医薬成分ではないことから飲用することによる副作用の発症リスクは低くなっていますが、他に配合されている成分の働きによる体の不調の症状などが出てくる可能性はゼロでないので使用については注意する必要もあります。

 

口臭の予防効果

人と会話をする場合や人との距離が近い場合に気になるのが口臭ですが、人の体臭の中でも特にきつく感じる部分になるので、日頃から口臭予防をしているという人も少なくありません。

歯磨きをすることやマウスウォッシュなどの使用をすることによって口臭予防をすることができるようになっているものの、それだけでは一時的な口臭の改善効果に限られるので継続的な改善効果を得ることができるというわけではありません。

DHAとEPAのサプリを購入してこれらの成分を体内に取り入れることによって口臭が悪化するという話しもありますが、脂肪酸になるので臭いが出てくる可能性は確かにゼロではありません。

しかし、それよりもDHAとEPAを摂取することによって腸内環境が改善され、その効果によって口臭予防をする方が効果については高い効果を期待することができるため、DHAとEPAによる口臭悪化よりも口臭予防の高さの方があります。

ただし、乱れた食生活を送っていて腸内に対して負担をかけているような状態が続いている場合だと十分な口臭予防の効果を得ることは難しいので、DHAとEPAの摂取について考えるだけでなく生活習慣を予防させるということもあわせて考える必要があります。

DHAとEPAの摂取については専用のサプリを購入することがおすすめとなり、口臭が気になる場合や予防したい場合は善玉菌など腸内環境を整えることが出来る成分などが配合されているとさらに高い口臭予防の効果を得ることができます。

 

脳疾患の予防効果

人間の体には多くの血液が心臓から送り出されて体の中を駆け巡っており、血液には栄養分などが多く含まれていて、細胞が成長するために必要な栄養分なども多く含まれて血液と共に体の各部位に達します。

血液の流れが悪くなるということは栄養分が効率的に体を巡ることが出来なくなってしまっている状態になり、生活習慣の乱れなどから血液の粘度が上がってしまうことでさまざまな病気のリスクを高めてしまうと言われています。

そのため、生活習慣病の発症リスクが高くなると言われている中年以降になると自発的に健康を意識してさまざまな取り組みをしていく必要があり、特に血液の流れを改善させるということは重要な部分にもなってきます。

DHAとEPAを飲用することによって得ることができる効果としてあるのは脳疾患の予防効果ですが、この栄養分には血液の流れを改善させるための働きがあり、これによって栄養分が効率的に送り届けられるようになります。

そのため、動脈硬化などが引き金となって起こると言われている脳疾患のリスクについても低減することができる期待もあり、こうした健康面へのメリットからDHAとEPAのサプリを購入する人も昔に比べると増えています。

DHAとEPAの摂取についてはサプリによる摂取がおすすめですが、できれば生活の中で取り入れていくことが理想でもあるので、普段の食卓の中でDHAとEPAの配合が多いと言われている青魚を多く摂取することでも可能となるので取り入れることを心がけましょう。

 

心臓疾患の予防効果

日本人の死因率で三位になっているのが心臓病で、心臓疾患の多数を占めているのが血液の流れが起因することによるものであり、心臓そのものが体の全体に血液を送り出す働きをしていることから心臓の働きは重要になります。

心臓疾患の原因としてあるのが血液の流れが悪くなってしまうことによって起こることで、特に中年以降になると生活習慣の乱れなどによって血液の粘度が高くなってしまい、これが原因となることで心臓疾患を引き起こすと言われています。

流れとしては最初に血液の流れが鈍化して動脈硬化と言って血液に栓が生じ、それから後続の血液が進まなくなってしまうことで血管が詰まってしまって最終的に破裂してしまうこともあります。

DHAとEPAは脂肪酸になるので血液の粘度を高めてしまうようなイメージもあるかもしれませんが、むしろ働きとしてはまったくの逆であり血液の流れを促すことで血液の粘度を低下させて心臓疾患のリスクを下げると言われています。

DHAとEPAがもたらす効果として健康効果が高いと言われているのが血液に対しての働きかけが大きいことも理由としてありますが、全体的な流れをしっかり把握することもトラブルにならないためには必要な条件になります。

また、心臓疾患の予防を考えるのであれば生活習慣の乱れを改善させることもあわせて考える必要があり、これがDHAとEPAの効果をさらに高めることにも繋がってくるということを意識して心臓疾患予防に努めるようにしましょう。

 

風邪の予防効果

DHAとEPAがもたらす効果の一つとしてあるのが免疫機能を高め、それに伴って風邪予防の効果を得ることですが、そもそも風邪というのは空気中に含まれている細菌が体内に入って起こる病気の一種になります。

同じ空間の中でも病気になる人もいれば、健康なままでいる人もいますが、この違いとなるのが免疫力の違いであり、免疫機能が高い人というのは健康な状態を維持することができやすいと言われています。

DHAとEPAが風邪予防に効果があると言われているのは代謝機能を向上させる働きがあることも理由になっていて、代謝機能が高いということはそれだけ新陳代謝も活発になっているので免疫となる細胞の活性もうながします。

魚をたくさん食べている人が風邪をひきにくいと言われているのもこうした働きが関係していて、風邪をひきやすいという理由や病気になりやすい人などがDHAとEPAが配合されているサプリを購入して使用するケースも多くあります。

DHAとEPAの摂取についてはサプリで摂取することで効率的になおかつ必要とする分だけを摂取することができるため、魚を食べる機会が少ないというにはサプリタイプでの摂取がおすすめとなります。

DHAとEPAのサプリを購入する場合はこれらの成分だけでなく、他にも健康や美容に関連した成分などが一緒に含まれていることも多いので、それぞれの含有成分がどのような機序を体の中でもたらすのかということも事前に調べた上で販売しているお店の信頼性なども考えながら購入しましょう。

▲ページトップに戻る