DHAとEPAの成分について


DHAやEPAとは?

健康や美容に対する志向の高まりから、関連した商品について販売するお店についても以前より増えており、サプリタイプとして販売されているものもあればドリンクタイプとして販売されているものもあります。

健康や美容を考える上で重要になってくるのが継続性を維持するためのモチベーションになり、これがしっかりある人であれば継続して健康や美容の効果を得るための努力を惜しまず動くことができます。

また、仕事が忙しいなどの理由からできるだけ時間的な負担をかけたくないという場合であればサプリの購入をして飲用することがおすすめになりますが、いろいろあるサプリに配合されている成分の中でも効果が高いと言われているのがDHAやEPAになります。

これは脂肪酸になるので太る原因となる脂肪を連想する人も中にはいるかもしれませんが、実際に体にとって脂肪は摂りすぎることによる健康被害のリスクは高くなっているものの、適度に摂取することは生命維持を考える上で欠かせません。

DHAやEPAを効率的に取り入れるためには食生活での取り入れをするよりもサプリなどを飲用して摂取する方が摂取しやすくなっているので実際にサプリを買って飲用する人は多くいます。

ただし、DHAやEPAがもたらす効果については個人差もあるのですべての人に同じような効果が出てくるというわけではないので注意が必要ですが、口コミサイトなどの利用をすることでも効果の程度などだいたい把握することはできるようになっています。

 

必須脂肪酸と酸化

DHAやEPAは必須脂肪酸に分類される栄養分であり、名称からすると脂肪という言葉が入っていることから取り入れることによって太ってしまうのではないかという不安な気持ちを持つ人も中にはいるかもしれません。

しかし、必須脂肪酸は体が必要としている脂肪酸であり、体に対して悪い影響があるものではなく、むしろ健康や美容を考える上では欠かせない栄養分になっているので意識して摂取している人もたくさんいます。

DHAやEPAを効率的に取り入れるためには食事として取り入れることを考えるよりもサプリとして取り入れる方が摂取しやすくなっていて、これであればどれくらいの量を取り入れているか可視化することもできます。

必須脂肪酸の摂取において注意する必要があるのは酸化しやすい特徴がある点で、酸化してしまうとまったく違う性質の成分になってしまうので本来の効果を十分に発揮することができなくなってしまいます。

しかし、DHAやEPAが配合されているサプリの多くは脂肪酸が酸化しやすい成分であるということをあらかじめ把握した上で製造されているので酸化しにくいように調整されているのが一般的になっています。

DHAやEPAが配合されているサプリを購入する場合は通販サイトなどを通じて買うのが一般的になっており、種類についても数多くあるので事前にどのような成分があるのかということもあわせて確認した上で購入を進めていくことがサプリ選びで失敗しないための方法にも繋がってきます。

 

DHAやEPAが含まれている食材

DHAやEPAは必須脂肪酸に分類される栄養分であり、人の体には欠かせない成分になっているので意識的に摂取する必要がありますが、必須脂肪酸には種類がたくさんあるので種類によって異なる効果についての着目も必要になります。

その中でDHAやEPAを効率的に摂取するための方法としてはサプリを購入して飲用する方法がスムーズな方法になりますが、できればサプリに頼るのではなく自然の食事の中で取り入れたいという人もいるかもしれません。

このように自然の食事の中で摂取したいというのであれば青魚を食べることで栄養分の摂取をすることができるようになっているので、特にイワシやサバなどに多く含まれているので食べることで摂取することができます。

ただし、毎日食べるということを考えると難しいことも想定されるので青魚を食べることが難しい日はサプリに頼ってそれ以外は食事でなるべく摂取するように習慣付けることなども可能になっています。

また、近年はミドリムシが食用としての価値が高いと言われるようになっており、これにも多くのDHAやEPAが配合されているので将来的にはミドリムシを通じて摂取することができるようになることも可能性としては十分にあります。

DHAやEPAが配合されているサプリについてはネットを通じて買うことができるようになっていますが、ネットであれば商品を比較して選んでいくことができるので予算から考えて買うことなどもできるようになっているのが魅力です。

 

DHAとEPAの日常摂取量

DHAとEPAは青魚に多く含まれている必須脂肪酸になりますが、不飽和脂肪酸ということもあって溶けにくいのが特徴人あっており、体の中で中性脂肪などに作りかえられるだけでなく循環油的な働きをするのが特徴になっています。

必須脂肪酸ということもあって毎日のように摂取しなければならない栄養分ですが、気を付ける必要があるのはどれくらいの摂取をすることで効果を得ることができるようになるのかという点です。

通常であれば食事によってある程度は摂取することができているのですが、健康や美容効果を得たい目的で食べているのであれば十分な量の摂取をすることができてない可能性もあるので注意が必要です。

不足しているDHAとEPAについてはサプリを購入して飲用することで摂取をするという方法もあり、日常生活の中で食生活が乱れてしまっている場合は特に摂取がかなり不足している可能性があるので効率的な摂取が可能になるサプリのメリットは高いと言えます。

DHAとEPAが配合されているサプリについては通販サイトなどでも多く販売されているのですが、通常はこれらの成分以外にも他の成分が配合されているのが一般的で、それぞれの成分の働きによる効果の違いなども考慮しなければなりません。

また、医薬品のように飲用することで副作用の症状が出てしまうリスクというのはそこまで高くないのですが、間違った飲用をすることによって副作用のような症状が出てしまう可能性も否定できないので注意する必要があります。

 

DHAとEPAが不足することで起こること

DHAとEPAは私たちが生命を維持するために欠かせない必須脂肪酸にカテゴリーされるので、意識的に摂取をしなければならない栄養分ですが、太る主原因となるような中性脂肪の合成のように体内で作ることができる成分ではありません。

DHAとEPAの摂取においては基本的に外部からの摂取になり、食事を通して摂取を考えるのであればこれらの栄養分が豊富に含まれているイワシやサバ、さんまなど青魚を食するのが一般的になります。

また、魚が嫌いという人や食生活の中で魚を取り入れることが難しい環境にあるという場合はDHAとEPAが主成分になっているサプリなども販売されているため、これを買って飲用することでもカバーすることができます。

体にとって大切なDHAとEPAですが、これが不足して起こることによる症状として言われているのがアルツハイマーや自律神経の乱れなどで、これはDHAとEPAなどの栄養分が細胞や神経に対しての働きかけが大きいことなども理由としてあります。

魚をたくさん食べると健康でいられると言われているのもDHAとEPAなどの栄養分を効率的に摂取することができることが理由になっていて、できればサプリだけに頼ってしまうのではなく食事の中でも取り入れをしたいものです。

また、バランスの取れた食事を考えることも大切で、特に健康を考えているのであれば特定の成分だけに固執して摂取をするような感じにするのではなく、バランスの取れた方法を考えることも必要な条件になってきます。

 

子供にとって大切なDHAとEPA

DHAやEPAが配合されているサプリを購入する目的として自分自身が飲用するのではなく、子供に飲用させることを目的として購入をしている人も少なくなく、これは摂取することによって頭が良くなると言われていることが理由の一つとしてあります。

もちろん、DHAやEPAを摂取したからと言って劇的な変化が直ちに起こるというわけではなく効果の発現においては個人差もあることから一概には言えない部分もあるのですが、続けて飲用することによる効果については立証されている部分もあります。

また、頭が良くなるだけでなく他にも子供特有の攻撃性を抑える効果もあると言われており、これらの効果を得るために必要な一日の摂取量は1000mgであり、子供の場合は体格によって摂取量が調整されることになります。

DHAやEPAは食事の中で取り入れることもできるので、できれば自然な形の中で摂取がしたいと考えている親御さんも多いかと思いますが、多くは青魚に含まれていることから現実的に難しい部分があるのも実際のところです。

最近はインターネットが普及しているおかげで事前にDHAやEPAの配合されているサプリの情報などを便利に集めることができるようになっているので、購入をする前には情報集めをしておくようにしましょう。

また、子供に飲ませる場合はアレルギーのリスクなどにも気を付ける必要があり、特にアレルギー体質の子供の場合は事前に医療機関などに相談しておくことも大切で、健康リスクについての意識を持つようにしましょう。

▲ページトップに戻る