ご自宅で最高の海鮮丼を

港区白金にて、デリバリー/テイクアウトのご注文を承っております。

デリバリー/テイクアウトで
注文する→

  • 安心のデリバリー

    白金海幸のスタッフが、丁寧にお届けいたします。

    選びぬいた海の幸をご自宅にてご堪能ください。

    デリバリーエリア 
  • テイクアウトでも

    店頭でのお渡しももちろん可能。

    持ち帰り時間をご指定いただけます。お好きな時間にご予約ください。

  • イートインもOK

    テイクアウトでご注文いただいた商品は、イートインスペースにてお召し上がりいただけます。

    温かいお味噌汁もお入れしますよ。

    お店の場所はこちら 

ご自宅で「最高に美味しい海鮮丼」を食べていただきたい

白金海幸の海鮮丼は、そんな想いから誕生した、デリバリー/テイクアウトのための、新しいスタイルの海鮮丼です。

  • 別盛り配送

    ネタとすし飯は別盛りで。だから、いつでもできたてのおいしさが楽しめる。

    デリバリーに最適な海鮮丼とは? 江戸前の寿司職人が考え抜いた末にたどり着いたのは、ネタとすし飯を別で届ける、「別盛り配送」というスタイルでした。

    これにより、魚のドリップがすし飯にしみることなく、いつでもできたてのおいしさを楽しんでいただけます。

  • 出汁ジュレ

    味付けはしょうゆではなく、特製の出汁で作ったジュレで。

    通常の海鮮丼と異なり、「白金海幸」の「醤油をかけない海鮮丼」は、ネタに特製の出汁で作ったジュレをかけて召し上がっていただきます。

    この出汁ジュレが海の幸本来の味を引き出し、他では味わえない美味しさを演出します。

    ジュレは、だし醤油ベースのものと、かつおだしベースのものと2種類をご用意。素材によって使い分けています。

  • イートイン

    美しさ

    包みを解いた瞬間、ため息。

    まるで宝石箱。

    「白金海幸」の海鮮丼は、見た目の美しさにも特別にこだわっています。

    別盛りの海鮮ネタは、スイーツ用のカップに出汁ジュレと一緒に丁寧に盛り付け。それをご飯のうえに散らばらせた様子は、まるでキラキラの宝石箱のような美しさです。

    ホームパーティーやお祝いの席など、特別な日のメニューにぜひご利用ください。


素材

− 本まぐろへのこだわり1 −

天然をしのぐ、「養殖」

当店の本まぐろは、世界有数の漁場「玄界灘」の荒波で育てられた養殖本まぐろ。電気モリによって一撃確保し、船上ですぐさま神経締めすることにより、旨味成分を最大限キープ。さらに、寝かせれば寝かせるほどその旨味成分が増し、良質な脂も相まって、えも言われぬ濃厚な味わいになります。

これまでの養殖まぐろの概念を覆すほどの美味しさ、ぜひ一度味わってください。

本まぐろの赤身を使用した海鮮重を注文→

− 本まぐろへのこだわり2 −

「乾燥熟成」という答え

厳選して仕入れた本まぐろをさらにおいしく召し上がっていただくために、私たちがが研究に研究を重ね、たどり着いたのは、「乾燥熟成(ドライエイジング)」という手法でした。

乾燥熟成とは、まぐろのブロックを裸のまま冷蔵庫で乾燥させ、温度管理をしながら少しずつ熟成させていく手法。適度に水分が飛び、旨味だけがぎゅっと凝縮されたその身は、ねっとりとした食感と芳醇な味わいが絶妙なバランスで楽しめます。

本まぐろの中トロを使用した海鮮重を注文→

− 生うにへのこだわり −

「プライド」にかけて

海幸の店主は、かつて、うにだけを求めて日本全国を渡り歩いたこともある、大のうに好き。

だから、美味しくないうにをお客様にだすことだけは絶対にしたくない。自分が納得した、本当に美味しい生うにだけを提供する。

そんなプライドと信念で、白金海幸の生うには厳選して仕入れられています。

そのため、商品価格が変動したり、仕入れがなかったりすることがあるかもしれませんが、どうかご理解いただけますよう、お願いいたします。

生うにを使用した海鮮重を注文→

− 真鯛へのこだわり −

「時間と手間」をかけること

「”こだわり”ってのは、お金を出して高いものを買うことじゃない。自らの時間と手間をかけることだよ」

かつて、大先輩からいただいた、そんな言葉を思い出しながら、私たちは今日も真鯛を捌き、じっくりと何日も寝かせ、丁寧に昆布締めをして、お客様に提供しています。

真鯛の昆布締めを使用した海鮮重を注文→

まだ見ぬあなたを笑顔にするために、

私たち『白金海幸』は、
今日も心をこめて、海鮮丼を作っています。

皆様のご注文、お待ちしております。

注文を開始する→

心が純粋な人だけが、
美味しいスープを作ることができる。

− ベートーヴェン −